SSブログ

100年前を振り返る:迎賓館の裏は「貧民窟」だった・・・ [健康]

 正月にふさわしく「2008年の予想」や「2007年を振り返る」みたいな記事が目立ちますが、日本の医療の未来については、[未来予想図]見なきゃよかった・・・( ̄ω ̄;) で書きましたので、思い切って100年前を振り返ることにしてみました。

---------------------------------------------------

 明治32年(1899)に、毎日新聞記者だった横山源之助が、『日本の下層社会』(教文館)という本を出版している。これは、当時の貧民の実態を記述し、今でいう社会学的フィールド・リサ-チを先取りしたともいえるもので、復刻版が岩波文庫で出ている。その中で、横山は、東京の3大貧民窟として、四谷鮫河橋、芝新網町そして下谷万年町をあげている。首都として急激に発展しつつあった東京は、大量の安い労働力を必要とした。変動期にありがちの食いはぐれた人々、職を失い、土地を失い、住いを失った貧民たちが、職を求めて全国から東京を目指して集まってきた。しかし、まともな住まいはない、自分と家族の衣食住を確保できるほどの労賃を得られない。今でいうホームレスに近い。そんな人々が、吹き溜まる場所が貧民窟だった。

↓地図やイラストはこちら
http://homepage2.nifty.com/aquarian/Tokyo/Samegabashi/Tky030122.htm


 大不況下の昭和初期、四谷鮫ケ橋小学校児童398人のうち残飯を主食にしている者が104人、同校旭町分教場の児童170人中残飯を朝食としている者31人、夕食としている者2人という事例が記されている(吉田英雄「日稼哀話」1930)。おどろくべきことに、大正時代に大阪の私立小学校では、残飯さえも買えない家庭の子供が、掃除当番を「先生、堪忍しとくなはれ」と断わったという事例が報告されており、わが国初の学校給食(当時は「食事公給」)導入の端緒となっている。P62「東京の下層社会  明治から終戦まで」

http://www.netpro.ne.jp/~takumi-m/book/168-tokyo_kasoushakai.htm


 ついでに芝新網町・・・

 東京の旧地名。芝区新網町。芝浜松町4丁目。現在の浜松町2丁目の一部。世界貿易センタービル南側。JR線に沿った地域一帯・・・モノレールの駅のあたりになります・・・

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%C7%BF%B7%CC%D6%C4%AE

 下谷万年町・・・

「電車通りの向こう側、つまり北稲荷町から更に北へ、神吉町、山伏町と行って、その隣りに万年町という町があった。下谷万年町と言えば東京でも代表的な貧民窟とされていて、そこの小学校「万年小学校」は月謝を徴収しなかった。当時、東京の市立小学校は月謝二十銭ときまっていた。万年小学校は無料だったので、私たちは歌ったものだ。 ―――万年学校、タダ学校――― と。そして私たちの家は、決して金持ちではないが、人に憐れまれるほど貧乏ではない、と晴れ晴れしていた。しかし、こういう風に言う少年も居た。「万年町はいいぞ。おばさんが住んでいるから、よく遊びに行くんだ。するとさ、昼飯のお菜(かず)が無いときなんか、隣りの家へ行ってもらってくるんだ。お互い様だからかまわないんだよ。隣のおばさんだって、うちのおばさんことへ来て、おこうこ貰ってくよ、と台所から勝手に持っていくもん。まるで身内みたいなんだ」稲荷町のおかみさん達はそういうことをしなかった。それは家屋の構造がかなり原因していたのだと思う。万年町では明けっぱなしの家が多い。夏なんか余計だった。表通りを歩きながら覗くと、通りに面した家の、裏の家の、もう一つ裏の座敷の食卓のオカズまで見えたし、昼寝しているおかみさんの腰巻きの継ぎまで眼にはいるのだった。」
『鹿島孝二「大正の下谷っ子」』」

http://www.aurora.dti.ne.jp/~ssaton/taitou-imamukasi/mannentyo.html
地図みると・・JRをはさんで上野公園の反対側http://www.aurora.dti.ne.jp/~ssaton/taitou-imamukasi/syouwa16/mannen.html

http://www.uenogakuen.ac.jp/access/index.html

 ついでに100年前の株式相場:

 1907年(明治四十年)6月、日露戦争後のバブル景気がはじけてこれまでに経験したことのないような恐慌状態を呈し、東京米穀取引所理事長の片野重久が割腹自殺、横浜株式米穀取引所理事長の平沼延治郎が投身自殺するなど、日本中が右往左往していたときのことだ。
 恐慌のあおりで名古屋銀行はモラトリアム(支払い猶予)を余儀なくされ、取締役支配人の杉野は引責辞任する。名古屋を去るに際し、中京財界の有力者がこの敗残兵の兜町での再起を記念して開いてくれた。
 視に装束をまとった送別会など前代未聞である。「額に三角の白布を巻きつけて、はかまの威儀を正して『きょうまでの杉野喜精は死にました。おはずかしいが、もし取付が起きたら、切腹しておわびするつもりでいたのです』と挨拶した」

 杉野喜精(1870-1939年):明治3年生まれ、津軽藩士の家に生まれる。東京商業学校卒業後、1889年(明治22年)日本銀行に入る。1896年(明治)愛知銀行副支配人、1917年(大正6年)山一合資(山一證券)社長。1935年(昭和10年)東京株式取引所理事長

 彼の死後60年もたたずして、1997年(平成9年)、膨大な簿外債務が発覚、山一證券は消滅。


日本相場師列伝・栄光と挫折を分けた大勝負より

-----------------------------------------------------

 100年前の日本人の平均寿命は今の半分くらい・・・「資料『寿命』女子栄養大学出版部(2004.05.03更新) 」によれば・・・

「我が国の平均寿命が20歳を超えたのは、江戸時代の中期にはいってからという。後期になっても、感染症、戦争、飢鐘、地震、火災などの要因によって中期以降も20歳そこそこであるという。
 明治時代では明治13年(1880)に男女とも30歳の関門を突破し、大正に人って初めて男女とも平均寿命が40歳を超えたのである。
 
昭和56年男子73歳、女子78歳となり、菱沼氏は人類の平均寿命の限界値を男子77.4才、女子81.7歳としている。ちなみに昭和62年の平均寿命は男子75.6歳、女子81.4才である。

 平成18年の平均寿命は、厚生労働省の統計によれば、男の平均寿命は79.00年、女の平均寿命は85.81年です。

-----------------------------------------------------


 現在、日本人の平均寿命は「世界一」ですが、OECD諸国の医療費対GDP比でみると、医療費については30カ国中22位の8.0%である。一方平均寿命は世界一であり、米国とは逆に世界一効率的な医療が行われていると一般に見なされている。

 世界一効率的な医療を「もっと効率的」にという、政府関係者や御用学者が多いのがこの世の中ですが、もう少し現場を見てもらいたいものである。

 平均寿命が二倍になったのは、国が豊かになったおかげだ・・・ともいえますが、逆にいうと、そんなにお金をかけないで「易々と手に入れた長寿」を日本人はもてあましているように感じます。明治・大正年間は国民病であった結核で若者がばたばたと亡くなった時代でした。それだけ「死」が身近であったともいえます。現在は、誰もが長寿を満喫していますが、病院で亡くなったりすると「医者に殺された・・・」とかつらい経験を通しておっしゃるご家族までおみえですが、実際に医師が死に手を貸すことはありえません。

 日本人は、諸外国の平均寿命を超えてなお、生き延びられる時代になったのをまだ不足というのでしょうか?これは新しい課題でもあります。

 医療は「ドラえもんのポケット」と違い、有限な資源(ヒト、モノ、金)を利用しています。根本的には、過労死したりするほど勤務医や看護師は酷使されていますし、幸いなことに患者さんの待ち時間もイギリスやアメリカのように長くもありません。


イギリス:国外に緊急手術に出かける患者さん

 のように、心臓バイパス手術のために、飛行機で渡航する羽目になったりしないことを願っています。将来、自己負担が増加して医療費が支払えず破産したり、手術までの待機時間が半年先だと言われ、中国や韓国に渡航する羽目になったりすることを誰も希望しないでしょうが・・・。さて、100年先の未来の医療はどうなるでしょうね。

ぽち

  なかのひと 


[メタボ対策]業務命令みたいなんが有効なのか? [健康]

 沖縄県警は「メタボ退治」に乗り出して短期的に成功したようです。ただ、こういうやり方はちょっと・・・気になります。
 当然、ペナルティを科せられる側に生活習慣を変えないというのもあるけど、逆に職場環境(不規則な労働時間、食事時間)などが根底にあるように思うのですがね。


イギリス:2050年には成人の半数が肥満に

 のように「職場環境」「労働環境」の方が根底にあるように思います。いわゆる「肥満は文明病」だと思います。業務命令みたいにしてやるのは一考を要すと思います。これを日本中で来年の4月からやろうっていう話だから、今からどうなることやら。もちろん医者も巻き込まれますが・・・。

ぽち



沖縄タイムズ 2007/10/20
 三カ月半の成果は一・三トンの減量―。県警が太り気味の警察官と職員八百二十三人を対象に、今年六月半ばから九月末まで実施した「肥満改善大作戦」で、約四割が体格指数(BMI)と体脂肪率の両方か、どちらか一方を改善し、目標値内に収めたことが分かった。対象者一人当たりの減量体重は平均約一・六キロで、全員の減量総計は一二九〇キロ余。一〇キロ以上スリムになった人もいた。

 作戦は、県警の全警察官・職員の約三割に当たるBMI25以上、体脂肪率25%(女性は30%)以上の人が対象。目標体重を設定し、一日の食事や運動量、体重の変化などを書き込む「健康カレンダー」の記入や、上司への報告を課した。県栄養士会の栄養士らも食生活の個人指導などで後押しした。 

 約三カ月半を経て、六十三人がBMI25未満、体脂肪率25%未満の目標値を達成。いずれかを達成した人も合わせると三百六十六人に上り、対象者の44・4%を占めた。目標値を達成できなかった人も含めて数値に何らかの改善がみられたのは七百十六人(86・9%)。いずれも改善できなかった人は百七人(13%)だった。沖縄メタボリックワーキングの田仲秀明医師は「肥満やメタボリック症候群は、医療機関に頼らなくても、個人が意識して取り組むことで十分に改善できることを証明した。職場単位の“教育”は、今後広がっていくだろう」と話す。 

 県警が作戦に力を入れたのは、来年四月から市町村や企業の健保組合といった保険者ごとに、生活習慣病の削減などの目標を定め、達成できなければペナルティーを科される「特定健康診査」が始まることが背景にある。県警厚生課は「職員の肥満は自己管理の問題を通り越して、組織の損失にもつながる。リバウンドを防ぐと同時に、新たな肥満対象者に対する取り組みを継続させたい」としている。


[タバコに殺される社会的階層の低い男性] [健康]

 BioToday(http://www.biotoday.com/)というニュースサイトがあります。毎日のように最新の医学情報が掲載されております。今日、興味を引いた論文を一つご紹介します。 

特に社会的に低層の男性は喫煙で死んでいる

2006-07-22 多くの国で、男性の死亡率は社会階級によって異なっています。また、社会的地位、教育、収入の低い男性の方がよくタバコを吸います。

イングランド、ウェールズ、カナダ、アメリカ、ポーランドの35-69歳の男性を対象にした調査の結果、社会的階層が最も低い男性グループと社会的階層が最も高い男性グループの死亡率の差の大部分は喫煙が原因となっていると分かりました。

研究者等は、イングランドとウェールズ、アメリカ、カナダ、ポーランドの男性を3つの社会階級に分けてそれぞれの死亡率を割り出しました。この結果、社会階級が最も低い男性のほうが社会階級が最も高い男性よりも死亡リスクがおよそ2倍高くなっていました(それぞれの国の最下層と最高層の男性の死亡率は21% vs 43%、20% vs 37%、21% vs 34%、26% vs 50%。4カ国の平均は22% vs 41%。4カ国の平均絶対リスク差は19%)。

また、社会階級が最も高い男性と最も低い男性の死亡率の差の半分以上は、喫煙によって殺されるリスクの差に起因していました(それぞれ4% vs 19%, 4% vs 15%, 6% vs 13%, 5% vs 22%。4カ国平均は5% vs 17%。4カ国の平均絶対リスク差は12%)。

それぞれの国の最下層の男性の全死亡のおよそ半分は喫煙に起因した死亡で占められていました。



‥> Article
Social inequalities in male mortality, and in male mortality from smoking: indirect estimation from national death rates in England and Wales, Poland, and North America.The Lancet DOI:10.1016/S0140-6736(06)68975-7

-------------------------------------

 税金のために国策会社JTが売っている合法毒物「タバコ」は社会的に低い階層の男性の寿命を短くしているというのは、前からそうだろうなと思ってましたが、世界的な雑誌に論文が出て立証されてしまいましたね。
 個人的にはJTさんに海外事業のホームページと日本向けのホームページの有害性の広報が違うのはどうしてかということでしたが、これにもう一つ加わりましたね。

 

BioToday.comは医学情報、バイオテクノロジー、バイオベンチャー関連ニュースのデータベースです。ほぼ毎日更新。リンクフリーです。BioTodayは目次やメールサービスは無料です。新薬の開発状況や最新の医学情報に興味がある方は、ぜひお気に入りへの登録をおすすめします。今回の記事について転載許可をいただき、ありがとうございました>BioTodayさま。

 

■ 無料のメール会員登録のお勧め
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料のメール会員登録(http://www.biotoday.com/reader_f_entry.cfm)をするとBioTodayの無料記事(http://www.biotoday.com/free.cfm)が閲覧できる
ようになります。ご利用下さい。

 ▽無料のメール会員登録
http://www.biotoday.com/reader_f_entry.cfm


たばこ:どんな形や装いでも命取り [健康]

ポスター

何のことかというと、今日は世界禁煙デー。以前にくらべるとだいぶ医療従事者の喫煙率は下がったといっても依然として他の先進諸国に比べるとストレスの多いためか、日本の医師の喫煙率は高い。今年のスローガンは…

 Tobacco: Deadly in any form or disguise
たばこ:どんな形や装いでも命取り(厚生労働省訳)

 最近、外国を旅行しても、歩きたばこも減ったし、ホテルのラウンジ以外では本当にゆっくりと吸っている風景は見あたらない。

 なのに、日本に帰ってくると、相変わらずポイ捨てと歩きタバコの大洪水。こういうタバコを売ればいいのだが…タイでは陳列すら禁止であり、テレビでも洋画に出演している俳優がタバコを吸出すとモザイクが出現して、タバコについてかなり厳しい規制をかけているのである。

タイのたばこのパッケージ

 日本の場合、たばこ農家とJTと財務省のお役人のエゴで遅れてしまっている。こういう事態を何とかして欲しいものである。http://www.nosmoke-med.org/


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。