SSブログ
病院経営 ブログトップ

[再建へ]神戸市立病院338億円の累損! [病院経営]

 いやぁ、気前よく累積損失・・・汗。普通累損が20億円こえると、院長と事務長さんが経営責任をとるのですが、さすがに政令指定都市、こんなに大きい赤字幅でも大丈夫なんですねぇ(汗)。いえ皮肉じゃありません。ただ、神戸市は空港といいいろんな意味で余裕がないのに・・・夕張の次は神戸だったてことにならないことを願っています。

ぽち

  なかのひと 


神戸市立2病院、09年4月めど独法化──累損338億円、再建急ぐ

2007/11/20配信
 神戸市は医療センター中央市民病院(中央区)と同西市民病院(長田区)の2つの市立病院を2009年4月をめどに独立行政法人に移行する方針を決めた。08年度予算に関連費用を計上する。診療報酬の引き下げなどで悪化した経営を立て直す。優秀な人材確保や診療時間の弾力化で利点もあると判断した。

 市はすでに市議会への説明を終えており、来年春の議会に定款の変更案を提出したい考え。

 独立行政法人にすれば市の単年度予算主義から離れ、複数年の調達契約や予算管理が可能。病院側が独自の人事給与制度を導入すれば優秀な人材の採用にプラスになると市はみている。中央市民病院は中央区の人工島、ポートアイランド2期地区へ移転を予定。独立行政法人の方が医療関係の企業や研究機関とスムーズに共同研究を行える利点もある。

 市立2病院は05年度末で累積損失が計338億円。「独立行政法人化で市民サービスが低下しないよう工夫しながら効率を高めたい」(保健福祉局)としている。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

[起死回生の一手?]公設民営化 [病院経営]

津和野、日原共存病院 公設民営化方針

山陰中央新報2007/09/26

 

 津和野町の中島巌町長は二十五日、医師不足などから経営難に陥っている町内の津和野、日原両共存病院について、病院施設などを買い取り、公設民営化して医療事業の存続を図ることを明らかにした。経営基盤を安定化させ、地域医療を守る。町議会で一般質問に答えた。

 両病院は、石西厚生農業協同組合連合会が運営しているが、医師不足や診療報酬の引き下げなどで経営が悪化。二〇〇六年度まで五期連続で赤字決算となり、町に財政支援を要望するとともに、本年度から両病院の統合を含む五年間の抜本的経営改善計画をスタートさせている。

 しかし、改善計画初年度の運転資金調達で、金融機関が融資の条件として、町の損失補償を求めるなど、早くも計画が暗礁に。八月中旬、石西厚生連から「公設民営化」の要請があり、町では▽医療廃止を避ける▽町内最大の雇用の場確保-の観点から、土地、建物、医療機器を買い取る方針を打ち出した。信用力の強化を図る。

 買い取り金額については未定。補正予算案の中に資産評価調査のための費用を盛り込んだ。財源は起債が有力視される。また、民営化の受け皿については厚生連だけでなく新たな医療法人の設立も検討する。

 中島町長は「財政事情は厳しいが、地域医療を守っていくため決断した。議会の協力、支援を望む」と話した。

 

---------------------

 

 赤字病院を立て直すのに、公設民営化という手法をとることが流行っています。もちろん決して悪くはないんですが、建物造って、あとは経営は民間でというやり方は・・・基本的には「経営の枠組み」のことですし、赤字体質が改善するきっかけにはなるかと思いますが、医師不足まで一気に改善するというものではありません。

 きっと色んな試みの中で、「ベストプラクティス」もあれば「やめときゃよかった・・・」のところもあるように思います。全例がうまく行ってるのならそりゃいいことですが。

 

 さて、公設民営化を進めるのは総務省の後押しもあって結構なことですが。もうこんなに進んでるのです。このまま「公設民営化=成功」という流れに乗せていいのか?検討すべき時期にきていると思います。

 

http://www.izai.net/jititairitu2.htmlより

-------------------- 

 この「公設民営化」以外にも「病院移譲」という名の「売却」もあります。そろそろ採算も含めて、成功率がどれくらいなのか?そして失敗しないための必須条件を検討しなければなりません。

 

 いずれにせよ、玉石混交のまま、なんでも「公設民営化」は経営の仕方だけで、医師や看護師、地域特性(近隣の病院の立地や交通手段)などを無視すればどこの病院でも可能ですが、やはりそういう意味で、自分は懸念しています。

 

ぽち 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

[空っぽ@診療報酬改定&医療費報道] [病院経営]

診療報酬改定、勤務医の負担軽減に重点 産科なども手厚く

産経新聞2007/08/09

 厚生労働省は8日、平成20年度の診療報酬改定に向け、勤務医の負担軽減のため開業医に診療を肩代わりしてもらうことや、救急医療、産科、小児科などに診療報酬を手厚く配分することなどを柱とする検討項目をまとめ、中央社会保険医療協議会に提出した。

 過剰労働が指摘されている勤務医の負担軽減策としては、病院の夜間救急医療を地域の開業医が交代で担うことや、カルテ管理などの事務作業を職員が代行することを診療報酬で評価する案が検討される見通し。厚労省は「一定の地域や産科・小児科などの診療科において必要な医師が確保できず、医療の提供や患者の診療に支障が生じている」として、医師不足対策への重点配分で医療の質低下を防ぎたい考えだ。

 開業医が救急医療や退院患者らの在宅医療を担う場合の診療報酬を引き上げる中で、初診料・再診料を引き下げることも検討課題となる。

 また、画期的な新薬は高く評価する一方、価格の安い後発医薬品の使用促進のため、「(先発品から後発品への)変更可」としている処方箋の様式を変えることや、薬局での在庫管理コストを診療報酬で評価することなども検討する。

(2007/08/09 01:04)

--------------------

 これって、文字通り、医療費の総額や医師の総員を増やさず、どっかを削って、どっかに充てる「つぎはぎ」しようってことですよね。

 開業医の先生がもちろん、できること…あります。でも、夜間夜通しの救急の担当?は無理ですからね。あと、診療報酬を細かくいじっても、産科医が増えるようには思いません。

 大野病院の事件のように限りなく限界でがんばっている医師をしょっ引いて喜ぶようではね・・・マスコミ諸氏は、「魔女狩り報道」で医療崩壊が進行しているという認識はあるんでしょうか?

 さて、次の記事「過去最高」という見出しを読むと、いかにも記者クラブで取材したまま、書かれていますね。ところで削られた医療費のために、老人の負担は?家庭の負担は?庶民の暮らしは?病院が倒産しているのでは?

 こういう大本営発表記事を書くのも大事だけど、もう少しきちんと影響を考えてほしいな。政府が無駄な道路を作って、貧乏貧乏というけど、天下り先は一個もつぶれていません。

 個人としては医療に無駄はあります(たとえば風邪で来た患者さんが水分をとれるのに、点滴を希望されて、点滴しません!って断るのが時間かかるし、お金儲けにならないので、やってあげた方がスムーズですし、病院の収益になります)。

 でも、この記事は50点もあげられません。来年度以降の診療報酬の引き下げによっては、倒産に追い込まれる診療所や小規模病院の可能性について何も書いてありません。保険料の引き上げが続く中、国庫からの支出はほとんど伸びていません。

 後期高齢者の保険制度も費用がかさむからと切り離しをしていくことについても書かれていません。言わないことは書いちゃいけないんでしょうかね?

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/02/dl/s0206-5b.pdf

http://www.mie.med.or.jp/hp/iryou/flash.swf

06年度の医療費、過去最高の32兆4千億円 朝日新聞 2007年08月08日21時59分

 厚生労働省は8日、06年度の概算医療費は前年度よりも400億円増え、過去最高の32兆4000億円だったことを公表した。診療報酬改定のない年度は3~4%程度増えるのが通例だが、06年度は過去最大の下げ幅となるマイナス3.16%の改定の影響で、0.1%増にとどまった。

 概算医療費は公的医療保険と公費で賄われた医療費を集計したもので、労災保険や全額自己負担の医療費は含まれていない。1人あたりの医療費は、70歳未満が前年度より0.8%少ない15万8000円。70歳以上は1.4%少ない74万2000円だった。現役世代、高齢者分とも減ったが、医療費が高い高齢者の占める割合が増えたため、医療費全体としては微増となった。

 1施設あたりの医療費では公的病院が1%、個人病院が2.2%、診療所が0.5%減る一方で、大学病院は2.5%増えた。歯科では病院が1施設あたり6.9%、診療所が3.2%の大幅減。初診、再診料の引き下げなどの診療報酬改定が影響した。薬局の1施設あたりの収入は前年度より1.2%増の1億45万円で、初めて1億円を超えた。

---------------------

 ということで書いてもダメですかね?財源不足でこれ以上減らすところがない現状なのは厚生労働省はわかっている。しかし小泉元首相が「1.1兆円を5年間で削減」とキャップしたからには、それを守るのが官僚の勤め。多少、病院がつぶれても、大丈夫ってところでしょうか?小泉改革路線は確かに必要なことかもしれません、しかし無理をすると「医療」へのアクセスが悪くなって、高齢者の死亡者数がぐんと上がるように思いますけどね。今後、15年ほどで今100万人の患者さんが亡くなる国から、毎年150万人~180万人が亡くなる国へと変化が予想されています。それについても考察お願いしますね。

 最後に・・・政府のスポークスマンの発表原稿をコピーして紙面を飾るだけで、「ジャーナリスト宣言」はおやめください。ぽち→


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ブランド医師で市民病院再生@佐野市 [病院経営]

ブランド医師結集で再生 新院長が人脈をフル活用

東京新聞 2007年8月4日

佐野市民病院

 経営危機が続いている佐野市民病院に患者が戻り始めた。知名度の高い医師を多く雇い、口コミやインターネットで情報が広がった。四月に就任した福光正行院長(68)による母校の東京大学医学部人脈を最大限駆使したあの手この手の医師勧誘作戦が奏功。一部の待合室は順番を待つ患者であふれ、二カ月先まで予約がいっぱいの診療科も。同病院は「この人気が病院再生のきっかけになれば」と期待している。 (梅村武史)

 同病院を運営する佐野市は二〇〇三年度以降、一般会計から八億-十億円の赤字補てんをしている。医師不足による診療機能の低下が主な原因だ。一時、二十九人いた常勤医は一方的に減り続け、今年三月には残っていた常勤医師八人が全員退職するという異常事態に陥った。

 変わったのは四月、「地域医療を守りたい。とにかく医師を確保するのが私の使命」と語る福光院長が着任してから。就任後、長年の医師人脈をフル稼働させ、電話や手紙、電子メールなどあらゆる手段で脈のありそうな医師に声をかけ、都内を中心に二十回以上足を運んで自ら口説いたという。

 この四カ月間で集めた医師は常勤医三人、非常勤医は二十人以上。特に非常勤医には知名度の高い人気医師が集まった。

 日赤医療センター名誉院長で眼科研究の国際的権威、増田寛次郎医師(眼科)は二カ月先まで予約で埋まる。新井紀元医師(内科)は中国で東洋医学を学んだ漢方の専門家で都内で人気の開業医。週一度の治療に二十-三十人が殺到する。

 そのほか、循環器科の許俊鋭医師は心臓移植の専門家。村田宣夫医師(外科)は帝京大スポーツ医療学科の現職教授で救急医療関係で多数の著書がある。

 医師確保が進んだことで、眼科や整形外科など休診状態だった医療科目が復活、八月からは二十四時間態勢で一次救急の受け入れができるようになった。

 同病院事務局では「病院は医師次第の面がある。月一、二回程度の診療機会を狙って遠隔地からわざわざ訪れてくれる患者までいる。積極的に勤務医をPRして患者を呼び込む方策も今後考えたい」と話していた。

----------------------

 新院長による、あの手この手が功を奏したということで、人を大切にするかが好ましい結果に結びついたようです。全国の自治体病院で、同じようなことが出来るとは思いませんが、やはり病院経営はトップ次第のところがあるようです。

ぽち→ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

大学・冬の時代 [病院経営]

 BTJ(バイオテックジャパン)の先月号に特集があり、短期集中連載法人化から3年-初めて冬の時代を迎えた大学法人-」というのが掲載されていました。

運営費交付金が研究室の生死を握る

 法人化して3年を経過した国立大学法人。運営交付金の毎年1%削減ががボディブローのように効き、多くの研究現場では厳しい現状を突きつけられている。試薬が買えない、秘書を雇えない、学会にいけない、一方で提出する書類は増える一方──。競争原理の導入で格差が広がる大学の今をリポートする。

-------------------------------

 こんなレポートで大学の窮状が紹介されていました。競争原理とかって経済競争の場面とかではいいのですが、貧乏な国立大学の研究費をさらに貧しくさせるようなことして、研究基盤としての大学が危うくなりすぎるほど削ってしまい、それで「イノベーションジャパン?」…ありえないように思います。

 文中で運営交付金の増減割合のシミュレーションという表がのっていました。増えているのはほとんど旧帝大系ばかり、あとは減額されまくり。これでは地方大学にいては、研究どころか学生の指導もままなりません。

 

 

 さらに医学部だと大学病院への運営費交付金の様子をみると、真っ先にカットされています。赤字にしないで、兎に角稼げ!ってことですな。

 

 大学病院への補助金削減は小泉さんの号令で始まったようです。きっと、最初に財務省の目をつけられたのが、大学病院でしたが、結局、本省には直接関連性の少ない外側にある部局が真っ先に狙われたとも言えます。

 大学病院はたしかに教育の現場であり、しかも高度医療機関としての役割も持ち、各都道府県の最高の医療機関であることを求められます。しかし、お役所仕事で、稼ぎの元となる医師の給与は決して高くない現状を考えると、大学病院で働く医師のモチベーションの一つが実験できることだったかなと思うのですが、昨今の大学病院の経営建て直し掛け声はたしかに一部は正当ですが、急性期病院としての機能を上乗せされ、忙しくなっていくばかりの大学病院で医師として働きながら、研究をしている先生がたの労働環境や研究環境が、さらに厳しくなっていやしないか心配です。

 

 また、一部の大学では潤沢な資金をもらえ実験するのが不自由なくできるのでしょうが、そのほかの大学では実験どころか研究室の維持すら困難になる・・・状況って技術立国日本、大丈夫なのか?と心配になりました。ぽち→ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

[病院経営]乗っ取りにご用心 [病院経営]

乗っ取りグループ暗躍 病院経営難狙い多発

神戸新聞 2007/07/05

 「順心会」元理事長が、偽造した理事長印を使い裏書きした約束手形は、大阪の病院乗っ取り事件で二年前、大阪地検に逮捕された男に渡っていた。病院の乗っ取りは全国で増加。赤字経営の病院経営者をターゲットに、診療報酬を担保に融資したり、虚偽登記で架空の債務を背負わせたりするなどの手口で、経営を事実上支配する。背景には、赤字経営に苦しむ病院が増加していることがある。

 赤字経営の医療法人が狙われる事件は、二〇〇三年ごろから増えている。大阪では同年、総合病院を運営していた医療法人「浄和会」の理事長が、医療コンサルタント業者らに経営権を譲渡した結果、短期間に理事長が五人も交代。病院乗っ取りグループ代表の男らが、虚偽の法人登記を繰り返した上、ノンバンクからの融資を着服したとして大阪地検に逮捕された。

 その後も群馬県の「松嶺会」▽北海道「讃生会」▽東京都「寿光会」▽熊本県「弘仁会」-など、全国各地で病院を狙う乗っ取り事件が相次いで発覚している。

 手口で多いのは、赤字経営の責任を取る形で退任した理事長らに"復権"を持ちかけて取り込み、虚偽登記で役員になりすますほか、経営コンサルタント名目で、息のかかった人物を事務局長などに送り込むケース。

 役員に就任した途端、診療報酬を担保にノンバンクなどから融資を受けて着服▽約束手形を乱発し、仲間の受取人が現金化を迫り、恐喝する-などで病院の資産を食いつぶしていくという。

 一方、乗っ取りグループが暗躍する背景には、経営状況が悪化する病院が増えていることが挙げられる。全国公私病院連盟の調査では、二〇〇六年度、アンケート調査に応じた全国千百四十五病院のうち、八百三十四病院(72・8%)が赤字経営に陥っている。

 病院問題に詳しい医療ジャーナリストの兼松昭夫さんは、「技術職ともいえる医師が、経営を一手に担わざるを得ない仕組みが、赤字病院を増やしている原因」と指摘している。

--------------------------------

 さて、堅実な経営をしていても、診療報酬引き下げで赤字にまっさかさまとかはよくある話です。

 この手の話を聞くようになると…ちょっといやですねぇ。ま、病院の経営はまた患者さんの診察とは別モノという指摘は悔しいけど、当たっていますね。ぽち→ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

[極上の医療サービス]自分を熟知した真の主治医を獲得できる? [病院経営]

会員制医療クラブ

自分を熟知した真の主治医を獲得できる

 入会金157万5000円、年会費45万1500円(いずれも税込み)。 この金額は、セコムグループが運営する「セコム健康くらぶKENKO」の個人会員の料金だ。俗に会員制医療クラブと呼ばれるこうしたサービスは、バブル経済の頃から、日本でもポツリポツリと開設されてきた…(以下リンク参照)

 http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20060718/106440/

 

 というか、この会員になれる人は限られるんでしょうが、すでに会員数が350人となれば、需要があるのでしょうね。ただ、日本の富裕層はそれなりに層が厚いようで…

『メリルリンチ日本証券によると、不動産以外の金融資産を100万ドル以上持つ日本の富裕層は、1年間で5.8%増えて131万人を超えました(03年末時)。家族も合わせると500万人と推定されます。「富裕層市場」も確実に巨大化し、さまざまなビジネス・チャンスが広がっています。』

 http://www.landscape.co.jp/million.html

 こういう分野へ目を配りつつ、大学と提携しつつやっていこうというサービスも自由化される前の風潮なのかもしれません。もっともそれに支払う人は相当、サービスの要求水準が高いので心してサポートする必要がありますが。

 

 いずれにせよ、「美味しんぼ」じゃないけど競争というのはある意味、サービスを進化させるには必須なので、もっとすばらしい医療サービスが出てくるかと思います。

 もっと公的な医療を削りたい政府としては、どうぞどうぞ♪という感じでしょうが…僕は普通のサービスを削り過ぎれば、どうなるかというのが懸念です。

 しかるに、VIP向けのサービス提供のために医師が、どどっとそちらを目指しても誰も文句は言えないようなぁ…。厚生労働省が言う、医師過剰時代が目前なのだから、研修が済んで研鑽を積んで、専門医となったあかつきに、どういう形で医療サービスを提供しようと、ある程度は自由だと考えます。質のよいサービスを提供した医師がきちんと評価される。こうなっていくのは時代の流れかな…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

[病院経営悪化の一因に看護師不足] [病院経営]

 全国の多くの病院が加盟する四病院団体協議会(=四病協)で行われた診療報酬改定に関する調査で、看護師が確保できず看護基準を満さないため経営困難な病院が出ることが分かった(2006/05)

http://www.ajha.or.jp/about_us/activity/4byou/object/200604_anke1.pdf

 大都市部の病院の経営問題としては、今年の改訂から導入された看護師の月平均夜勤時間72時間以下の制限ですが、下記のような数字についてある程度実感があるのは、かなり上層部の方でしょうか?

◆離職率-平均在院日数や都道府県、設置主体による差異も―
離職率は12.1%で、前年度調査と比較して0.5 ポイント上昇。
一般病棟入院基本料Ⅰ群1を算定し、かつ平均在院日数が14.0 日以下の病院では、離職率は14.5%と平均より高い。
○都道府県別にみて離職率が高いのは、東京都(16.3%)、大阪府(16.1%)、神奈川県(16.1%)。他方低いのは徳島県(6.7%)、山形県(5.4%)、岩手県(6.7%)。
○新卒者の離職率は前年度と変化なく9.3%。
◆看護職員定着促進策-看護職員の人員増、子育て支援策が有効―
○看護職員の定着促進に「役立った」との回答が多かったのは、
「看護職員の人員増(適正配置)」(36.0%)
「子育て支援策(夜勤免除等)の充実」(34.0%)
「休暇取得促進」(27.5%)
「業務量(夜勤回数、超過勤務時間数等)の改善」(27.0%)


http://www.nurse.or.jp/koho/h18/20060602.pdf

 いずれにせよ、特に急性期(平均在院日数14日以下)でがんばってきた都心の病院ほど、人の手配に追われている。ちなみに看護師をヘッドハントに依頼すると、仲介手数料として彼らの年俸の10-20%を支払う必要があります。医師だけでなく、看護師不足のために、病院が支払う余計なコストは100床規模だと50名はいるので、そのうち8人は辞めてしまい、補充にさらに平均年収400万円の15%、60万円の8人分、480万円のコストがかかります。

 これは低めに見積もった場合でして、500床になると、この5倍。軽く2500万円。これが毎年続くんですよ…バカになりません(汗)。

↓看護師の平均年収はこちらを参照

http://tenshoku.inte.co.jp/saishin/income/009/

 何で辞めちゃうかは、各個人の理由もあるでしょうが、こういう報道もありました。 

看護職員の業務量、7割が増えた

京都医療労組連が実態調査

  京都医療労働組合連合会はこのほど、京都府内の組合員の看護職員を対象にした労働実態調査で、業務量が増えたとの回答が約7割と、5年前の前回調査より20ポイント近く上昇したとする調査報告を発表した。過去3年間に医療ミスやヒヤリとした「ニアミス」の経験者は9割近くに上り、看護現場の厳しい状況が浮き彫りになっている。

 実態調査は昨年秋から今年4月にかけて実施。看護師987人を含む准看護師、助産師ら計1282人(平均年齢35歳)が回答した。

 看護業務量の質問では「若干増えた」が35・7%、「大幅に増えた」は33・3%で、「業務量が増えた」との回答は69%(前回51・3%)だった。1日のサービス残業は「1時間以上」が55・7%(同35・2%)、「2時間以上」が17・2%(同6・3%)と増加、年次有給休暇の取得では年間5日未満が32・8%(同16・8%)と倍増した。

 「十分な看護が提供できているか」との問いには「できていない」が65・7%(同55・6%)と上昇。理由の上位には人員不足や業務過密が並んだ。また、医療事故が起きる原因についての問いには、「医療現場の忙しさ」が86・7%で突出。「交代制勤務による疲労」が39%、「看護の知識や技術の未熟さ」は38・6%だった。

 健康不安や慢性疲労を抱える看護職員も多く、退職意思の設問では「仕事をやめたい」との回答が7割強。理由は「仕事が忙しすぎるから」が半数近くに達した。

 同連合会の森田しのぶ委員長は「看護現場は深刻な事態。配置人員の抜本引き上げなど緊急対策に取り組み、安全で行き届いた医療と看護を実現すべきだ」としている。


↓医師だけではない看護職賠償責任保険制度
http://www.hna.or.jp/kaiin/baisyo_hoken.html

 ま、いずれにせよ、今までぎりぎりの配置で取り組んできた病院経営にもいやがおうでも「人を厚め」に配置することで、経営を安定化させたい、しかし16%も辞めてしまうのは(新人さんでも10%近く)、急性期病院だと、医療ミスも頻発しやすいだろうし、問題だよなぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
病院経営 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。