SSブログ

[国民の無関心は怖い・・・]医療費削減が医療事故を誘発している! [医療]

「注射」による患者さんの死亡・・・ご家族にとって、たいへん気の毒な事件でしたが、今後の教訓になりそうなことはいっぱいあります。



昨今の新聞は、チベット問題が大切なんでしょうが・・・ま、いいです。世界中が中国のオリンピックの開催能力とアメリカの金融問題に気を取られているのですが、医療の方が「何十倍」も大切だと思うのですが・・・だって、チベットの弾圧活動は中国の政府からして「止む」ことはないですし、非難するのは国連やらアメリカの仕事。日本政府の仕事は「医療!」だったり「道路」でしょ。




さて、看護師さんによる医療事故のブログをみていると「やめてくれしかっかりしろや!!」のような「しっかりしてないからだ・・・」といい、「病院があこぎに儲けに走りすぎのせいだ!」みたいなお門違いの論理がまかり通っているわけで、一般国民は、医療の実情について何も知らない、あるいは関心が低いからではないでしょうか?


まぁ・・・「たらい回し」の時もそうでしたが、これは仕方ないかもね。新聞は「チベット問題」と「アメリカバブル崩壊」で騒いでいるから。マスコミはこういう時こそしっかりした記事を載せて欲しいものだ。「表層的な記事」を載せるよりも、その背景に迫らないと、この問題は解決しません。



----------------------------------- 



7割が赤字病院:4年ぶりに増加
(再掲:2007/02/23)

後がない日本医療(消える病院・全5回の5)
2007/12/11 11:33     キャリアブレイン

「病院・診療所の経営は〝危険水域〟に突入し、今年の医療機関倒産件数は、過去最多。このままでは最低限の医療の提供もできなくなる」
 今年11月21日、日本医師会は「国民が安心できる医療のために」と題する見解を発表し、地域医療の崩壊が現実化していることを訴えている。

日医の調べでは、経営の安定性を示す「損益分岐点比率」が民間医療機関で約95%と、危険水域といわれる90%台に突入。日医は「国公立病院を含めた場合、病院では100%超と赤字に陥っている。収益性でも病院・診療所の医業収入と経常利益は減収減益で、特に利益が大幅に縮小している」と、医業の厳しい経営状況を危険視している。



↑これは「赤字倒産」のみで、統廃合や売却や自主廃院を含まずの数字です・・・





---------------------------------

医療の国際比較








病院の職員数を日米間で比較しました.ほぼ同じベッド数であるボストンのセントエリザベス病院と日本の国立病院の職員数を比べると,職員数に10倍の差があります.医師の数が10倍,看護師の数が8倍,その他,アメリカには多くのパラメディカル,ボランティアが病院の仕事を手伝っています.病院は職員が多ければ多いほど手厚い医療ができます.しかし日本は職員数が極端に少なく,少ない人数で一生懸命働いているのです.

ベッド100床当りの医師数は,アメリカは71.6人,日本は12.5人で,看護師数はアメリカ221人,日本43.5人となっています.厚労省は医師過剰時代と宣伝していますが,はたして日本の医師や看護師は過剰なのでしょうか.むしろ少なすぎます.昨年来,医師の名義貸しが問題になりましたが,北海道・東北地方では医師の配置基準を満たしていない病院は48%,全国では25%でした.これが現状なのです.

また「横浜市大の患者取り違い事件」は一人の看護師が2人の患者が乗った2台のベッドを病室から手術室まで運んだことが本当の原因なのです.当然おこりえる事故でした.

病院に入る診療報酬が少なければ,この人件費を切りつめるしか方法はありません.また診療報酬が少なければ医療の質を上げることも,医療の安全性を高めることもできません.ですから日本政府がアメリカの医療を真似しろといっても,マンパワーの確保を解決しなければ単なる空論にすぎないのです.民宿の値段で一流ホテルのサービスを強要するようなものです.医療費が安いため医師,看護師を雇えないという問題が解決しない限り,医療の改善は無いものねだりの相談になります.



-------------------------



ま・・・医療崩壊の引き金を引いたのは政府ですが。国民も「中国オリンピックぼいこっと♪」って喜んでると、まちがいなく足元すくわれます。

万が一、夜中に「急病」になっても、救急医療が完全に崩壊していれば、自分たちの生命は危ういのです。北朝鮮とか中国の国民のように不十分な医療でも、我慢できますか?もはや医療従事者の「過労死」や「自殺」は珍しくないのです。こんな国にしたのは政府だけの責任でしょうか?



いやいや・・・国民の無関心もこのような「医療の崩壊」を招いているのだと言うこと指摘しておきます。素敵なことに、コメントをしたら「長すぎだからコメント削除します!」って。素敵なコメントありがとうございました。

ぽち


  なかのひと


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

都筑てんが

水道トラブル5000円、トイレのトラブル8000円、んでもって、人の命を救うための心臓マッサージが30分2600円…。

風俗の性感マッサージだったら、1時間で数万円とかですよね。(行った事ないですが)

「命よりも大切な物はない」とか言っておきながら、命を救う行為に対する対価があまりにも低いこの国…。

本当に命が大切にされているのでしょうかね?
by 都筑てんが (2009-05-05 21:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。