SSブログ

鎮火:マスコミとお役所が共同で作りあげたブーム [医療]

鳴り物入りだったPFIの空港も、やはり・・・うまくいっていないようです・・・

----------------------------------------------------------------

無駄だった!?中部空港3周年、需要伸びず暗雲

産経イザ!2008/02/14

(前略)
 空港会社は14日、2本目の滑走路について(1)1本目に並行し、長さは同じ3500メートル(2)建設予算は2000億円以下-との基本的な考え方を明らかにした。

 だが、国が増設の前提とする需要は伸び悩みが顕著。空港会社がまとめた19年度上期(4~9月)の利用状況では、旅客数が約603万人で前年よりやや減少。発着回数は約5万3000回で前年比3%減、国際貨物取扱量は約10万7000トンで9%減だった。全日空が今年から国際貨物を関西空港に集約することも大きな打撃だ。
(後略)
----------------------------------------------------------------

 ま、二本目の滑走路を作っておきたいのは、関西空港と同じでしょうが、結局は、国際空港である成田と関空を中心に国は動いています、需要がないのに2本目滑走路を作ってしまえば、採算悪化は誰が見ても明らか(関空で大赤字を作った、大阪府の二の舞だ・・・)。
 新しい空港は、アジアを中心にとか、格安航空会社の受け入れをよくする、インバウンド(入国者)の受け入れ態勢の拡充など、戦略的をターゲットを絞り込み、積極的に動かねば、結局トヨタ流のコスト削減などはあくまでおまけ、そして需要がないのに、まだ土木工事が必要なのか?という立場からすりゃ、もう・・・PFIとかで余計な箱物いらんだろってのに、お役所のムダは多すぎ。あまっている金なら、もう少しまともな使い方してほしいですね。

 さてと、空港も病院もそして団地も道路も土木工事で出来上がります。違うのは、出来上がったらおしまいじゃないのが「病院」です。医療技術の向上のために、新規投資もありますし、スタッフの教育、 周辺サービス(介護や検診、健康相談など)も含めて福祉の一環で行うべきですが、箱物行政ばかりが目だって、行政が赤字削減のために出すと、地域医療に悪影響が出るような事態が目につきます。

 銀行は銀行屋がやるべきでしたし、駐車場は民間業者がやるべきでした。病院も民間?。あ、これは例外でしょうね。保険屋さんとかにお願いしてもいいけど、彼らは「利益」を得るために、「損失」(=治療費の出費)を嫌います。

 福祉を民間の資本を導入して行う場合、悪質な業者への指導も必要でしょう。そしてその権力を行政は持っています。ところで、行政の「暴走」を誰が見張っているんでしょうかね?

 え?マスコミ・・・?期待していいんでしょうかね?僕は、マスコミの偏向報道が時としてミスリードしていることがありませんかね?と常々指摘してきました。

 医療についてもちろんプロではないが、報道のプロであれば、読者に間違えた情報を垂れ流すのは「非難」されてしかるべきでしょう。

 医療費の報道も「過去最大」とか「医師会が利権を手放さない」(手放せば医療が復活するのか?本当?)といった、財務省とか厚生労働省が発表する大本営の情報をそのまま流すのであれば、監視には役立たず。

 石原都政の影で「公立病院の再編」が進みつつ、都知事がぶちあげた「銀行」へは補助金追加で救済・・・どっちが大切なんでしょうかね?役人のメンツ?それとも住民の命?

----------------------------------------------------------------

都立病院11を8に   再編・統合の中期計画策定

しんぶん赤旗 2008/02/01

 東京都は三十一日、都立病院の新中期計画「第二次都立病院改革実行プログラム」を策定しました。二〇〇八―一二年度の五年間に、現在ある都立十一病院を八病院に再編・統合し、民間資本を導入するPFI方式で施設整備をすすめるほか、地方独立行政法人化を検討する方針を盛り込みました。

 新計画は、「医療水準の向上」「医療サービスの充実」をかかげ、医師の養成、患者相談センターの設置などを盛り込みましたが、都立病院をリストラする従来計画を踏襲しています。

 計画は、八王子(八王子市)、清瀬(清瀬市)の都立小児病院、梅ケ丘病院(世田谷区、小児精神)を〇九年度末で廃止し、府中市に新設する小児総合医療センターに統合する計画です。

 都立豊島病院(板橋区)は、東京都保健医療公社に移管し、同院の新生児集中治療管理室(NICU)を廃止します。

 未収金対策として入院預かり金制度導入の検討を盛り込みました。

 また、都立病院の経営形態として、一般地方独立行政法人(非公務員型)が「制度的に最も柔軟な形態」であるとして、今後検討することを明記しましたが、具体化に踏み込むことはできませんでした。

 都立病院をめぐっては、住民、医療関係者らが各地で「直営で存続し拡充してほしい」と運動を広げています。

 PFI 民間資金活用による社会資本整備。「民間活力の導入」手法のひとつで、国や自治体の施設の建設や運営を民間企業に任せる仕組み。

----------------------------------------------------------------

 いえ、もうPFIは成功の方程式ではなく、失敗のお手本らだけではないでしょうか?(5年前にわかっていた「日本版病院PFI」の失敗・・・? )。高知医療センターと近江八幡市民病院でこりてないんですねぇ>東京都って。お役所って本当に素敵です。民間の知恵は確かに借りねばなりませんが、PFIで上手にいったお手本をどこにお探しでしょうかね?そして誰が責任をとるんですか?地域住民は「都立病院の再編」には賛成しているのでしょうかね?
 住民からの貴重な税金の無駄遣い・・・(--メ)。マスコミも鳴り物入りで報道するだけでなく、ちゃんとあとで「責任」とってよね。ぽち

  なかのひと 

 ちなみにPFIの鳴り物入りで始まった高知医療センターの実情については・・・地元の高知新聞で先々週の連載
「医師が危ない 密着、高知医療センター脳外科-第一部 残業200時間の世界」
に詳しいです。

------------------------------------

東京都、新銀行東京に400億円追加出資へ

日本経済新聞 2008/02/14

 東京都は14日までに、都が1000億円を出資しながら赤字が続いている新銀行東京(東京・千代田、津島隆一代表)に対して、400億円を追加出資する方針を固めた。週内にも発表する。都は20日から始まる都議会に関連議案を提案する。

 新銀行東京は中小企業の貸し渋り対策として2005年4月に開業したが、07年9月中間期末で累積損失が936億円にまで膨らんでいる。新銀行は都による追加出資で財務基盤を安定させる一方、店舗や職員数の削減などにより収支の改善を目指す考えだ。ただ、経営不振の新銀行に対して都税で増資することには、都議会で批判の声が出る可能性も高い。(17:04)

道路財源で整備の地下駐車場ガラガラ 天下り法人運営

朝日新聞 2008年02月14日

 国土交通省が道路特定財源を使って全国14カ所の国道の地下に整備した駐車場の多くで、駐車スペース1台分の年間収入が20万円程度だったり、1日のうち1時間20分しか使われていなかったりと、利用が低迷していることがわかった。約995億円の国費で整備後、同省の天下り先でもある所管公益法人が管理・運営を担っている。「民間では考えられない低い収益率」との指摘もあり、道路整備を本来の目的とした特定財源の使い道として批判を呼びそうだ。

 国道の地下駐車場は、国交省が97~03年にかけ中心市街地の路上駐車の解消や渋滞緩和を目的に整備。建設費は道路特定財源で賄われている。

 国が用意したスペースに財団法人・駐車場整備推進機構(東京)が駐車用機械などを設置。管理・運営を一手に担う。1時間200~600円で、駐車可能台数は計2495台。

 同省によると、06年度の事業収入は計約12億7000万円で、総利用台数は約185万8000台。駐車スペース1台分あたりの年間収入でみると、東京都八王子市の八日町夢街道パーキングが約16万円、三重県四日市市の四日市地下駐車場が約20万円、名古屋市の大曽根国道駐車場が約21万円と、特に低迷。東京、大阪の2カ所以外は100万円を大きく下回っていた。「八日町」の収入は1日にすれば約400円で、1時間20分しか駐車されていないことになる。

 1台分のスペースの1日の利用台数を示す回転率も「八日町」が0.79台、横浜市の羽衣・伊勢佐木地下駐車場が0.81台など、7カ所が平均2台も止まっていなかった。大手駐車場運営会社は「いくら地方都市でも1台分の収入が年20万円では話にならない。税金で整備したからこそ成り立つ『お上の仕事』だ」と指摘する。

 同機構は、国道の地下駐車場の整備に合わせ93年に設立。常勤役員4人は同省と警察庁からの天下りで、鈴木道雄理事長は建設事務次官、日本道路公団総裁を歴任している。

 〈国土交通省道路交通安全対策室の話〉 民間駐車場の経営を圧迫しないためにも利益を目的としない公益法人が管理・運営にあたる必要があった。渋滞解消などの効果は数量的にとらえにくく、995億円の税金投入に見合うか批判もあるかもしれない。しかし、回転率は平均で2.0台あり、一定の効果は上がっている。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。